脇指 () 越前福居住下坂近江守継広花押  江戸時代 越前国
       摩利支尊天守護本胴数度両段ス
       富士様手大原亦十郎源政久.壱岐氏為重代求 正保三年八月日 
                    

       本造り庵棟、刃長54.2、反り2.0p、元巾3.0、先巾2.5p、元重6o、先重5o
      表裏に棒樋に添え樋を丸止め。
      地鉄、小板目。      
      刃紋、互の目乱れ、小沸付き刃中冴えて足入る。
      帽子、湾れ込み、先丸く返る。
      茎、うぶ茎、入山形、筋違ヤスリ、角棟。

      








    
白鞘付  特別保存刀剣鑑定書付
    
しのぎ刀剣美術館