(銘)  加州金沢住兼則           江戸時代    加賀国
     
  延宝八年八月日

      本造り庵棟、刃長67.4p、反り0.6p
      元巾2.9p、先巾2.4p、元重ね6o、先5o。
       地鉄、小板目に木目交じり。
      刃紋、互の目乱れ角ばる。
       帽子、直に、先、小丸に返る。  
      茎、うぶ茎。刃上り栗尻、筋違ヤスリ。 

      
      俗名は作之丞、初代兼則の実子、2代目兼則。切れ味よく人気が高い。










   新調の白鞘. 旧日本陸軍軍装付、時代加州ハバキ付。

   刀剣保存会鑑定書付 
  
   

   しのぎ刀剣美術館