(銘)  葵紋 康継作 三代銘之          江戸時代    越前国
     
 
      本造り庵棟、刃長71.2p、反り1.10p、元巾2.9p、先巾2.5p、元重ね6o、先4o。
       地鉄、板目に、地沸付き強く相対に黒づむ。
      刃紋、直ぐ調に浅くのたれ、刃中金筋砂流し掛かり、足入る。
       帽子、直ぐに先、小丸に返る。  
      茎、うぶ茎。剣尻、勝手下がりヤスリ、角棟。 

      
      影打ち無銘だったものに三代目康継が極めて刻銘したものです。







   白鞘. ハバキ付。

   刀剣保存協会特別貴重認定書付 
   しのぎ刀剣美術館