短刀 (銘) 重 義        幕末時代    奥州
         
       [体配]、鵜の首造り庵棟、刃長21.0p 反り-p、元幅2.5、先幅2.2p、元重8、先重6o。
       [彫刻]、 無し
       [地鉄]、小板目。
       [刃紋]、湾れに互の目交じり。
       [帽子]、直ぐに小丸に返る。 
       [茎、]、うぶ茎、筋違ヤスリ、浅い栗尻、角棟。





    白鞘. 外装付  慶応頃の作品 日本刀剣保存会鑑定書付き  

     
しのぎ刀剣美術館