脇差  (銘)  備前守源祐国        寛文頃    摂津国
         
       [体配]、本造り庵棟、刃長44.4p 反り1.2p、元幅3.0、先幅2.4p、元重7、先重5o。
       [彫刻]、 無し
       [地鉄]、小板目。
       [刃紋]、互の目交じり。
       [帽子]、直ぐに小丸に返る。 
       [茎、]、うぶ茎、筋違ヤスリ、入山形尻、角棟小肉。

       本国は紀伊国、大阪に出て石堂派に属して鍛刀しました。




    白鞘. 外装付   日本刀剣保存会鑑定書付き  

     
しのぎ刀剣美術館