脇差  (銘)  庄司弥門直勝      江戸末期頃    武蔵国
               文久元年仲春日 君万歳

       [体配]、本造り庵棟、刃長.37.4 反り0.5p、元幅.2.5、先幅2.2p、元重5、先重4o。
       [彫刻]、無し。
       [地鉄]、小板目詰む。
       [刃紋]、整然とした直刃。
       [帽子]、直ぐに小丸に返る。 
       [茎、]、初茎、栗尻、化粧折違。

       初代次郎太郎直勝の子、天保6年生。
       上手な刀工だが、明治の廃刀令に遭遇して明治四年頃に廃業したと言う。






    白鞘. 外装付   日本刀剣保存会鑑定書付き  
     
しのぎ刀剣美術館