脇差  (銘) 国 正         江戸時代   山城国
             
       [体配]、本造り庵棟、刃長.54.0  反り1.2p、元幅.3.0、先幅2.4p、元重6、先重5o。
       [彫刻]、表裏に棒樋。
       [地鉄]、小板目詰む。
       [刃紋]、互の目乱れ。
       [帽子]、のたれ込み、先、小丸に返る。 
       [茎、]、初茎、突っ掛け折違ヤスリ。
   
       山城国堀川住、国広門人、師の代作お成し自らの作品が少ない。





   白鞘付   保存刀剣鑑定書
 
     
しのぎ刀剣美術館