刀  (銘) 下総守国義      江戸時代   石見国
             
       [体配]、本造り庵棟、刃長.71.8  反り0.8p、元幅2.9、先幅2.2p、元重6、先重5o。
       [彫刻]、無し。
       [地鉄]、小板目詰む。
       [刃紋]、互の目乱れ。刃中砂流し掛かり足入る。
       [帽子]、乱れ込み、先、小丸に返る。 
       [茎、]、磨上茎。
   
       親國貞門人。俗名:鈴木作之丞。本国は日向。別名国吉。作風は親國貞に煮似る。



 
   白鞘付   特別貴重刀剣認定書
 
     
しのぎ刀剣美術館