太刀 (銘) 岸 昭 吉 之      平成時代   新潟県
        平成八年立冬
       

      本造り庵棟、刃長73.5p (2尺4寸2分5厘)、反り2.7p (9分弱)、表裏に棒樋を掻き流す。
       地鉄、小板目に木目交じり総体に良く詰んで地沸付く。      
       刃紋、小沸出来大互の目、刃中明るく冴える。
       帽子、乱れ込み、先、小丸に返る。
       茎、うぶ茎、筋交いヤスリ。
 
     
      天田昭次門人、新作刀展にて優秀賞を受賞しました。
             






   
    白鞘付    
    しのぎ刀剣美術館