刀  (銘) 国忠作之          平成時代    福岡県
        平成元年十一月

    本造り庵棟、刃長74.0p、反り2.0p、元身幅3.0、先幅2.4p、元重ね6,先重5o。
     地鉄、柾目が流れて地沸付く。      
     刃紋、小沸出来直刃。
     帽子、掃き掛ける。
     茎、うぶ茎、化粧に筋違いヤスリ。
 抜鞘時重量 930c。
     
   
    小宮氏、福岡県の刀匠で、父が国治、安光(次男)国光(三男)と一家全員が刀鍛冶、国治の父は
      昭和の大業物と称される小宮四郎国光です。





   
   外装付(鍔以外の金具は現代品)  
   しのぎ刀剣美術館