太刀 (銘) 武州高倉住直弘.以備前伝   昭和時代   埼玉県狭山市
       昭和三十九年二月吉日
              

    本造り庵棟、刃長88.8p(2尺9寸3分)、反り3.5p(1寸1分)、身幅重ねは尋常。
     地鉄、小板目に木目交じり良く詰む。      
     刃紋、匂い口締まる丁字乱れ、刃中足入りる。
     帽子、乱れ込み、先、小丸に返る。
     茎、うぶ茎、勝手下がりヤスリ。

    
    俗名は柳川昌喜、二代目直弘の子、明治43年生、狭山市鍵山住、晩年は「寿王」と号す、平成6年秋に没す。
 








    白鞘付    
    しのぎ刀剣美術館