刀 (銘) 竹花一貫斎繁久作之  平成五年二月吉日   埼玉県比企郡
        備前国長船長義
              

    本造り庵棟、刃長72.5p(2尺3寸9分)、反り2.2p(7分2厘)、身幅重ねは尋常で、表裏に棒樋に添樋の彫刻がある。
     地鉄、小板目に木目交じり良く詰む。      
     刃紋、のたれに互の目丁字乱れ、刃中足入りる。
     帽子、乱れ込み、先、僅かに掃け心となり小丸に返る。
     茎、うぶ茎、切ヤスリ。

    
    俗名は竹花久司、昭和24年生、酒井繁正門人、埼玉県比企郡滑川村在住、全日本刀匠会理事。
     本作は備前長船長義の写しで、出来見事な傑作です。

 






    白鞘付    
    しのぎ刀剣美術館