刀 (銘) 酒井一貫斎繁政作   昭和時代   埼玉県
        彫同作於東都城北昭和三十四巳正月吉日
              

    本造り庵棟、刃長57.2p(1尺8寸9分弱)、反り2.0p(6分6厘)、身幅広く重ねは尋常。
     表に滝不動、裏に龍、棒樋の彫刻がある。
     地鉄、小板目に木目交じり地沸付く。      
     刃紋、小沸付くも匂い勝ちの互の目丁字乱れ、刃中細かい砂流かかり足入る。
     帽子、乱れ込み、先、小丸に返る。
     茎、うぶ茎、切りヤスリ。

    
    俗名は酒井寛、静岡県出身、笠間繁継門人、本作は東京板橋当時の作品です。
     酒井氏はこの後に埼玉へ移住しました。
  刀身押型
 









    白鞘付    
    しのぎ刀剣美術館