刀  (銘) 吉 岡 輝 家    
     
 昭和五十八年八月日               昭和時代  埼玉県

      本造り庵棟、刃長75.5p (2尺4寸9分8厘)、反り2.2p (7分3厘)、元巾3.2、先巾2.6センチ
       元重ね6、先重4ミリ、中切っ先の造り込み。
       地鉄、小板目詰み、板目流れて柾目がかる肌が交じる。      
       刃紋、小沸出来、互の目乱れ尖り刃交じり、刃中明るく冴えて足入り、砂流し働く。
       帽子、乱れ込み、先、掃け心に丸く返る。
       茎、うぶ茎尻、突っ掛け折違ヤスリ。
 地刃健全で真面目な作品です。
     
       浦和市の刀工で井原輝日天の門人。




銀無垢ハバキ



    白鞘付        しのぎ刀剣美術館