脇差  (銘)  震鱗子入道景一     江戸時代(慶應頃)   武蔵国

      鵜の首造り庵棟、刃長34.0p (1尺1寸2分2厘)、反り1.0p (3分3厘)。
       地鉄、板目流れて柾目がかり八雲鍛え風となり地景あらわれる。
      刃紋、小沸付くも匂い勝ちの直刃、浅くのたれて小互の目交じり、刃中小足入り、砂流しかかる。
       帽子、浅く乱れて返る。       
      茎、うぶ茎、化粧折違ヤスリ。
      
      震鱗子克一(義一)の実子で景勝とも刻銘、二代目震鱗子を名乗り武蔵国鴻巣に住んでいました。









   外装.白鞘付     埼玉県重宝指定品  
   しのぎ刀剣美術館