刀  (銘) 信濃守弘包末孫源寿次       江戸末期   武蔵国   
     
  八幡山置作               

      本造り庵棟、刃長69.6p、反り1.4p、元巾3.0、先巾2.5センチ
       元重ね6、先重5ミリ、中切っ先の造り込み。
       地鉄、板目に木目交じり。      
       刃紋、小沸付くも匂い勝ちの互の目乱れ、刃中明るく冴えて足入る。
       帽子、乱れ込み、先、丸く返る。
       茎、うぶ茎尻、切ヤスリ。
 地刃健全で真面目な作品です。
     
       八幡山は現在の所沢市久米にあり、狭山丘陵の一角である。








    外装..白鞘付    埼玉県所沢市指定文化財証書付.(昭和59年3月発行)
    特別貴重刀剣認定書    しのぎ刀剣美術館